ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは。

12月に入ってもう既に1/3が過ぎました。本当にあっという間で、12/1に寝て次の日に起きたら10日過ぎていたくらいの早さに感じるタムラです。

実際は、毎日ちゃんと過ごしているはずなんですけどね。あと、2021年も18日ちょっと。何か…とりあえず、思いっきり笑えることや思いっきり感動することや思いっきり幸せを感じることを残せたら嬉しいですね。

 

さてさて、ここ数年の大雪や寒さで私の家は何度か2階の給湯器の凍結に見舞われています。

2階リビングということもあってか、皆様にご注意を!と言っている身なのに、あたふたしていました。

実際、給湯器も16年物ですので、そろそろ…ということもありますし、風が通る場所にあるので、凍結しやすいのだと思います。

見切れていますが、左側の給湯器を主に使用しています。右側は、かなり少ない頻度で使用しています。

電熱線を巻いて、温めておくことも考えたのですが、コンセントが2つ既に使用していて、右側は頻度が少ないとはいえ、切ることもできないので、凍結防止するには何が一番だろう?と
カスタマーサポートの梅津さんと丸山さんに相談。

凍結防止の配管カバー付けるのは?とのアドバイスをもらいました。↓このようなものです。

メーカーさんに古い給湯器だから合うかな…と言われながら取り寄せて、

主人の休みの日に早速つけてもらいました。

 

DIYなどがとっても苦手な主人で、1時間かかったそうですが
(実際はもっと早くできるそうです。)
無事に装着。

心配していた大きさの違いとかは無く、きっちりと付くことができました。

これで凍結しないかというと、やはり電熱線に比べたら心配ですが、
むき出しになっているところもカバーできていますし、少しは安心できるのではと思っています。

毎年凍結でお悩みの方、コンセントが取れず、
電熱線を巻くことができない方、
風が通る場所に給湯器がある方など、
ご心配であればこの選択も一つです!

今年の冬、とりあえず様子を見て、また報告したいと思います!

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全40ページ中)