ページトップへ

スタッフブログ

 こんにちは!菊地です。

 

今年の1月にオープンしたマンションモデルルームの見どころを気まぐれに紹介するシリーズの4回目です。

テーマは「収納」。前回からの続きの後編です。前編も気になるという方は、こちらからどうぞ! ⇒

 

こちらが間取りです。

今回は【多目的収納】をご案内したいと思います。

広さは約7.4㎡。四畳半よりやや狭いです。

3方向からのアクセスが可能というのが特徴です。

 

出入口その1。寝室から入ると…

 

右側は、枕棚とハンガーパイプだけというシンプルなつくり。

収納するものは、もちろん衣類。幅約2.6mあります。

 

左側も枕棚とハンガーパイプだけ。こちらの幅は約1.1mです。

再生良家では、クローゼットはこのような枕棚とハンガーパイプだけのシンプルな形をご提案することが多いです。

つくり込みすぎないことで、①コストダウンができる、②後々収納するものが変わっても対応しやすい、というメリットがあるからです。

「こんなに掛ける服ないよ」という場合は、ハンガーパイプの存在は無視して、市販の棚や引出し収納を置いてもいいと思います。バッグや帽子、こまごました服飾雑貨をこのあたりに収納すると、服と一緒に選べて便利ですね。

 

出入口のその2は、玄関からのアクセスです。

着替えてお出かけ準備ができたら、そのまま玄関へGO!

という導線を確保しました。

 

出入口その3。洗面脱衣室からも一直線で行けます!

この写真ではちょっとわかりにくいですが、手前が洗面脱衣室、廊下を挟んで奥が多目的収納という配置です。

コロナ禍のこのご時世、帰ってきたらまず手洗い・うがいですよね。その後、クローゼットで部屋着に着替えてという動作がスムーズに行える導線となっております。

 

「多目的収納」ですので、衣服以外の収納もありますよ。

枕棚と中段です。

幅は約1.3m。布団やスーツケース、扇風機等の収納スペースを想定しています。

 

そして、廊下から使う可動棚収納。

ここは、掃除用具やティッシュ等のストックの収納にぴったりです。

コンセントもあるので掃除機も充電しながら収納できます。

 

衣類、布団、イベントグッズに季節家電、掃除用具に日用品のストックと様々なものを収納する、

まさに「多目的収納」となっております。

興味のある方は、ぜひぜひモデルルームへお越しくださいませ!

記事一覧 | 2021年11月