ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!菊地です。

 

今回は、建替工事をさせて頂いた阿賀野市のS様邸をご紹介したいと思います。

S様邸は以前の記事にも登場しております⇒ ★再び生きる ★平屋 完成見学会

当初はリフォームでお考えでしたが、費用対効果や将来的なメンテナンスなど諸々を検討した結果、

建替という結論に至りました。

新築ですが、元のお家で使われていたガラスや建具を再利用したことで

新しさの中にも懐かしさを感じられる仕上がりになりました。

 

まず、見て頂きたいのがこちら。

トイレの建具にレトロガラスを入れました(^^)

納戸や脱衣室の建具にも柄違いのレトロガラスを使っています。

 

こちらもレトロガラスの建具を使った造作棚です。

写真だとちょっとガラスの柄まではわかりにくいですが、下の写真のいちばん左の「古都」というガラスを使いました。

S様は素敵な器をたくさんお持ちですので、建具を開けて「見せる収納」として使って頂くのもいいかなと思います。

 

ガラスだけでなく障子戸も再利用しています。

ソファの後ろの壁には、明かり障子。主張しすぎず、程よいアクセントになっています。

奥の畳コーナーの上部には、元々は欄間障子として使われていたものを障子を貼らずに枠だけにして使いました。

どちらも経年で美しく深みのある色に変化していて、ウォルナットやチェリー材の家具とすごく相性が良いです。

 

そして、もう一つ。

こちらの建具で使われているのは、なんとレース編みのショールです。

身内の方の形見だそうです。

本来は身につけるものですが、建具として第二の人生を歩むことになりました。

 

おまけの造作洗面化粧台です。

こちらは古いものは一切なく、ぜんぶ新しいものを使っておりますが、素敵に仕上がったのでぜひ見て頂きたかったもので(笑)

 

新しいものと古いもの、S様の大切なものや好きなものが調和して、心地いい空間になりました。

記事一覧 | 2021年8月