ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは。寒い日が続きますね。

ショールームでは、土曜、日曜は、薪ストーブをつけて暖かくして

皆様をお迎えしております(*^^*)

そして今日は、薪ストーブの熱を利用して里芋を焼きました。

実は私は初めてでして・・・まわりのスタッフに手順を確認しながら進めました(^^)/

↓調理前

 

↓新聞紙に包んで、水で濡らします。

↓その上からアルミホイルで包みます。

↓そして、薪ストーブに投入です!(赤く燃えている所を避けて置くとよいらしいです。)

↓落ちた灰を受けるお皿の中にも置いてみます。

↓薪ストーブの上にも置いてみます。

どこに置くのが一番美味しくなるか実験です♪

そのまま待つこと約50分。

取り出した里芋がこちら↓

 

新聞紙は真っ黒に焦げていましたが、中の里芋はとってもいい感じです(*^^*)

熱々の湯気がたっています。

↓「焼き里芋なんて初めて」「甘い!」と美味しそうに食べるスタッフ皆川。

スプーンですくって、皮の際まできれいに食べていました。

そして実験の結果ですが、、、

①薪ストーブの上に置いたもの…50分の調理時間では柔らかくならず、もっともっと時間がかかりそうです。

②薪ストーブの中に入れたもの…ねっとりした美味しさ

③灰の中に入れたもの…ホクホクの美味しさ

という結果でした(^^)/

個人的には③が好みです。

薪ストーブで調理ができるのも冬の期間だけなので、次は別の野菜や果物でも

挑戦したいと思います。

記事一覧 | 2021年1月