ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは!菊地です。

今回は、玄関手摺取付工事をリポートします。

 

ちょうど1年前に全面改修工事をさせて頂いた新潟市のS様邸。

6か月の点検の際に、「玄関に手摺をつけてほしい」というご依頼を頂きました。

玄関の上がり框を上り下りする際などに、ついつい壁に触ってしまい「壁紙が汚れるのがイヤ!」とのことでした。

おうちが新しいと、ちょっとの汚れも気になりますよね(^^;

“新しいおうちあるある”です。

そこで取付けさせて頂いたのが、こちら。

 

後付けということで、補強板を取付けしました。

なぜ補強板を使用したかというと、もともと壁の中にある下地だけではブラケット(金物)を固定するビスのいくつかが外れてしまうので、強度面で不安がありました。

そこで、まず補強板を壁の中にある下地にしっかりと固定し、そこにブラケットを取付けしたので強度はばっちり。

これで安心して使えます。

安心だけど、補強板ってちょっとごつい…かも?

その“ごつさ”を緩和できたらなーと思いまして、

飾り棚をつけてみました。

〇印〇品さんの傑作のインスパイア?オマージュ?…ですね。

補強板も飾り棚も杉の無垢材です。

S様邸は玄関の床と内部建具にも杉を使用しておりますので、それに合わせました。

なんとなく補強板の存在感がうすれた気がします。

 

そして、先日1年点検でS様邸にお伺いすると…

 

めっちゃ素敵ーー☆

まさかレコードを飾っていらっしゃるとは。意表を突かれました。

そういえば、お父様が立派なオーディオをお持ちでした。

それと、家族の一員にゃんちゃん&わんちゃんの写真と、お気に入りの絵。

ご家族の好きなものがディスプレイされた玄関は、以前よりキラキラして愛おしく感じました。

もはや、補強板のごつさは微塵も感じられません(笑) 少なくとも私は。

 

気分や季節でディスプレイするものをかえて、楽しんで使って下さることでしょう。

次にお伺いしたときにどんなディスプレイになっているか、今からとても楽しみです(^^)

記事一覧 | 現場より

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全14ページ中)