暮らしのインタビュー

Interview

ものとくらしに向き合い、ていねいに暮らす

新潟市東区H様邸

昨年末にお引渡させて頂いたH様宅へ住まわれてからの様子を伺ってきました。

Interview

リフォームをしようと思ったきっかけを教えてください。

冬は寒く、夏は暑い典型的な家で耐震も気になっていた時に雨漏りしたので、今後のことも考え寒くなく耐震もしっかりした家に住みたいと思い、部分的な修理でなく、リノベーションしようと決めました。

住み心地、使い心地について教えてください。

以前の家みたいに寒くなく、外の音もあまり聞こえなくなり高気密・高断熱を実感しています。又、可能な限りの収納を造作していただいたので、部屋の中がスッキリし何処に何があるか把握しやすくなり助かっているのと同時にお気に入りの小物や花を飾ったりする楽しみができました。

お気に入りのスペースなどありましたら教えてください。

日の大半を過ごす場所である『LDK』が一番です!!
限られたスペースに収納、明かり、多くの要望を取り入れて下さり、かつ想像以上にオシャレに仕上がっていて驚きでした。
ダイニングテーブルに座って、檜の床、杉、珪藻土の壁等、自然素材を感じながら大好きなコーヒーを飲んだり雑誌を開いたり、とてもリラックスできる空間です。

なぜ再生良家でリノベーションを進めようと思われましたか?

予約もなく再生良家のモデルルームを訪問した時に応対してくれたのが桑野さんで、いろんな話をしたときの対応が良かったのと予算内に収まる様な感じがしたので再生良家に決めました。

打合せ~完成までの過程で再生良家とのやりとりで印象に残っているエピソードについて教えてください。

中央店での打合せ自体が楽しかったです。美味しいコーヒーを頂きながら、我が家も、こちらみたいになるのかな!?と眺めながら妄想していました・・・
多くの資料からアドバイスを受けながら屋根・外壁などのデザインを決めては変更するの繰り返しでしたが漠然としていたイメージから確実なイメージに変わっていくのが何だかワクワクして楽しかったです。

これからリフォームをお考えの方にアドバイスをお願いします。

新しくお願いする事や変更したい事などはできるだけ絵を描いて話す方がお互いの意思の疎通をはかることができ、スムーズに事を進める事ができると思います。又、図面と現場では想像したイメージと違う場合があるので、なるべく現場に行って確認した方が良いと思います。

Design drawings

Before
After

Data

件名新潟市東区H様邸
家族構成ご夫婦
種別戸建リノベーション
施工面積88.11㎡
施工期間4か月
仕様・耐震改修 
・サッシ:LIXIL 高断熱サッシ
・床:桧 
・壁:珪藻土塗(ピュアウォール) 
・木製建具:杉オリジナル建具
担当営業・現場:桑野

Staff


H様とはご相談いただいてからお引渡まで2年くらいかかりました。建物がコンパクトだったため、収納をどう取るかを細かく時間をかけて打合せさせていただいたり、補助金を上手く活用するために時間が必要だったという理由もありました。
収納にこだわった為かスッキリと生活されていましたので、時間をかけて良かったと思っています。
安心できる住まいに生まれ変わりましたので、楽しんでお過ごしください。

桑野

スタッフ紹介へ

その他の暮らしのインタビューInterview

More