ページトップへ

リノベーションとリフォームの違いは?

  

最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、リフォームと混同されている方も多いのではないでしょうか。

リフォーム・リノベーションを検討されている方は、必ずと言ってこの疑問をいただくと思います。

分かりやすくその違いをご紹介いたします。

  

リノベーションとは・・・

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行ないうことで、新築の状態よりも性能を向上させたり、使いやすさを改善したりすることを指します。

英語で「renovation」は「革新、修復、刷新」という意味で、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味を持っているのに対して、リノベーションはそこから新しい機能や使いやすさを向上させる意味合いがあります。

デザイン性の改良や住んでいる人の成長に合わせて、建物の間取りや内外装などを使いやすくなるように変更を加えることも「リノベーション」です。家族構成が変化し、部屋の仕切りを増やして新しく部屋を作ったり減らしたり、災害に備えて耐震性を高めるための工事を行ったりすることが、「リノベーション」に当たります。

 

リフォームとは・・・

「リフォーム」とは、一般的に古くなった建物を新築の状態に戻すことを指します。

賃貸のマンションやアパートの場合は、退去する時にその入居者の住む前の状態に戻すことを指すこともあり「原状回復」という意味で使われることもあります。

「reform」は英語で「改善する、悪い状態からの改良」という意味を持っています。基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいいしたり、新しくしたりすることを「リフォーム」と指します。

例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームにあたります。

 

再生良家は、リノベーションとリフォームの両方を手掛けております。

細かな工事も大規模な工事も創業40年以上の歴史の中で協力業者さんや自社大工との連携でたくさんのお客様のお住まいを施工させていただいている実績がございます。

大切なお住まい、メンテナンスを定期的に行うことで、後々必要になってくるであろうリフォーム工事の費用を節約することができます。
しかしながら、新しい設備に替えることで光熱費の節約や環境に留意したモノになり、生活自体が豊かになることもあります。
今お使いの設備に不具合が生じ始めたり、機能が向上しているものをお求めでしたら、お気軽にご相談ください。

 

 

メンテナンスやリフォームで補えないことは、リノベーションのように大きな工事になってきます。

最近では、二世帯住宅をお考えになられる方や、逆にお子様たちが巣立ってご夫婦のお住まいとして住みやすいようにリノベーションをお考えになられる方がいらっしゃいます。
個々のお客様のご要望にできるだけ沿うよう、ご提案をしていきます。

今お住まいの住宅の構造を拝見して、柱の位置や壊していい壁か断熱材の有無、白アリ等の被害がないか…等、細かい確認をし、お客様の今後の生活を一緒に考え、プラン作りをし、打ち合わせを重ねていき、工事の準備をしていきます。

動線の変更や断熱材の補強より、使い勝手、居心地の良さ、寒さや暑さなど、現状の暮らしより、自分たちらしいスタイルに変えていく、そこに価値ある暮らしをプラスする、それが再生良家のリノベーションです。