ページトップへ

スタッフブログ

少し前から、会話の中で「寒い」という言葉を耳にする機会が増えてきました。

最近私も朝起きて、一言目が「寒っ!」が多い気がします。

 

冬目前ということもあり、その「寒さ」に関連することを書きたいと思います。

 

 

寒さがキツくなるこれからの季節、関連するワードが「ヒートショック」です。

 

簡単に例を挙げて少し説明させていただきます。

 

 

~~~ヒートショックとは~~~

 

※温度差による肉体的ショック症状のことです。ヒートショックが起こりやすいのは体の弱い高齢者で、寒い冬場の発生率が格段に高くなります※

暖房の効いた暖かい部屋から、冷たく冷え切った浴室での熱いシャワー、この当たり前の入浴が心臓に大きな負担をかけてしまうのです。急激な温度変化により血圧が一気に上下して、心臓や全身の血管に異変が起きます。ヒートショックによる心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中、不整脈の危険は高く、浴室で起こるケースが高いため滑って頭を打つなど、大変危険が伴います。

 

交通事故で亡くなる人より、家の中で亡くなる人が多いと調査結果が出ておりますが、これがひとつの原因でもあります。

 

上記の通り、ヒートショックのケースが多いのは浴室です。

しかし、前兆は洗面室で服を脱ぐという動作より始まっているのです。
家の中は”安全”でなければいけないですよね。

 

最近では部分断熱というリフォームも出てきております。
寒さでお悩みの方、お気軽にご相談ください。

 

また、少し先のお話しにはなりますが・・・・
12月3日(日)にあったか座談会を開催予定です。
弊社でリフォームを行ったお客様をお呼びし、リフォーム前と後の生活の変化など様々なお話を聞くことが出来るイベントになります。
詳細は後日ホームページにて告知させていただきます。

 

 

鈴木でした★

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全8ページ中)