ページトップへ

スタッフブログ

こんにちは、濁川店の近藤です。

毎日がうだるような暑さが続いています。

ようやく8月になり、この暑さを乗り越えられるか体力が心配になってきました。

 

先日にはなりますが、久しぶりの出張で東京へ行ったので、ちょっと足を運んで森美術館の建築展「建築の日本展」を見てきました。

 実寸大や大きなスケールで過去の名作と言われている建築を木製の模型として制作し展示しています。
これらはかなりのインパクトもあり、その精巧さも加わって多くの観衆の注目を集めていました。

 

 「木組格子」金物は一切使用せず、木の組合せだけで作られた構造体。

 

丹下健三の自邸を1/3スケールで再現した模型。

 

建築について知識や興味がある方のほうが、より楽しめますが。
まったく建築に興味がない方でも、楽しめる工夫が随所に施されていました。

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全12ページ中)