ブログ

Blog

上越の現場_5

スタッフ日記 | 濁川 | 現場だより

2016.08.30

ここのところ、ニュースを見るとまず『台風!』三つ同時にでてみたり、帰ってきたりと...

こんな時期に足場のかかっている現場は大変です。 足場にかかっている防護ネットをたたみに行ったり

現場内に置いてある材料なんかが風で飛んでいかないように固定したりと普通の仕事以外の仕事か結構と大変です。

IMG_3249写真は 先日建て方をした現場です。 奥の黒っぽく見える骨組みが既存(残した建物)で手前の組み立てているところが新規(増築)部分になります。

クレーンの前にも車庫が増築されるので結構なボリュームの建物になりました。

 

 

 

 

IMG_3175右と左の写真の違いはわかますか?IMG_3247

左の写真は修繕前 右の写真は修繕後です。

よく見ると右の写真に奇麗な柱が2本見えます。

この2本は腐食していたので今回入替作業をした柱なのです。 長い柱は通柱(とおしばしら)で

一本物です。 もう一本は管柱(くだばしら)と

いって通常の柱になります。 外側ばかりを綺麗に直しても肝心の中身を直さなければせっかく建替えても意味が無いですよね! 既存の建物を一回スケルトン(骨組みを残して解体する)にすることによって通常の工事で取り換えられない柱が交換できたり、また 交換しなくても全てを目視で確認できるのは良い方法なのだと、改めて感じたところでした。 

 

後は、このまま台風が静かに去ってくれるのを願うだけです。

 

濁川店 丸山

 

関連記事Blog

More